menu
閉じる
  1. 【関西の塾生・卒業生の皆様へ】6月17日(土)大阪リアル勉強会参加者募…
  2. 初めてのデザインの仕事
  3. 【デザインとは?デザイナーとは?】
  4. 読んでもらいたいブログ3選
  5. WEBデザインスクール5部門No.1を獲得
  6. 【GGRKS】参考デザインはこう探せ
  7. ポートフォリオ作成の極意
  8. デザイナーの「5ステージ」
  9. 徹底的にモデリングする「TTM」
  10. ​​もうフォロー済みですか? 見るだけでもWEBデザインについて学べる…
閉じる
閉じる
  1. 生徒さんがデザインした本の出版パーティーに行ってきました!
  2. やりたいこと全部できる!継続のコツ
  3. 致命的なノイズもAIツールで解決
  4. 【あなたは大丈夫?】今すぐできる時間単価をあげる方法
  5. 尾上が緊急手術することになりました・・・
  6. 歯を食いしばって、一歩ずつ。
  7. 自由に描く自己表現の絵
  8. あ、それ、本気ですか?
  9. あなたが選ばれた理由は?
  10. WEBデザインの目的は売り上げ最大化
閉じる

ぬるま湯デザイン塾 – 公式ブログ

【警告】WEBデザイナーに必ず読んでほしい。

今日誕生日の人、おめでとうございます。
JUNPEIです。

「チラシのデザインはPhotoshopで十分です」

はい、これ完全な間違いです。

Photoshopでチラシや名刺を作ることはできますが
”デザイン”はできません。
ここで言うデザインは「グラフィックデザイン」のことを言います。

ここからはお話しするのはリアルにあったマジなお話しです。
ビビらせたり、グラフィックデザイン塾への勧誘や売り込みではないので誤解なく。
WEBデザイナーの方は現実をしっかり受け止めて頂きたい想いでお伝えします。

WEBデザイナー2年目になるAさんは、クライアントからチラシのデザインができるかと相談されました。
しかし、Aさんはチラシのデザインをやったことがなく、デザインツールはPhotoshopしか使えません。
Illustratorを学ぶ時間に猶予がなく、外注できる予算もありません。

でも今日までバナーとLPデザインをリピートで依頼してくれている大切なクライアントです。
このクライアントのおかげでプラチナランクになれたと言っても過言ではありません。
ここで信用を失っては行けない、クライアントの力になりたい。
Aさんは不安なまま、Photoshopで作成する決意をします。

参考デザインを探し、何が良いチラシデザインなのかもわからず手探りで制作に取り掛かります。
ここで選択した参考デザインは「このぐらいなら自分でもできそう」という印象で選択しました。
これが全ての歯車が狂い出す原因の1つでもあります。

グラフィックデザインの良し悪しがわかっていないのにデザインを作ったのでは、もはやそれはデザインではないのです。
そこに価値はありません。結果は見えています。

Aさんは小手先のスキルでなんとか形にしましたが、初校の段階でボロクソに言われます。
「え、これなに?このレベルなら最初からできないって言ってほしかった…」と。

怒号より呆れた絶望を感じるコメントが届きました。

さらに「校正jpgで来てるけど、Illustratorで作ってますよね?」と聞かれ、
Aさんは、チラシの校正の進め方もわかっていませんし、事前にPhotoshopで制作していることも
クライアントには一切伝えていなかったので、結果大クレームです。(canvaでも結果は同じです)

我々のお仕事は「納期」が常に付きまとい、動き出したら仕事は止められません。
クライアントは「プロのデザイナーにお金を払って大切なお仕事を依頼している」ので
最低限その期待と同等の結果を生みだすことが求められて当然で、一流はその期待を超えてくる結果が出せるから一流なのです。

結果、初校の出来栄えから挽回は難しいとクライアントは判断しました。
チラシのデザインは途中で打ち切られることになり、
クライアントは超特急で別のデザイナーを探すハメとなりました。

納期は間近に迫っているため、他のデザイナーに依頼する際の制作代は上がってしまうので
クライアントからしたら、かなりのマイナスになってしまいます。
「すみませんでした」では済みません。

これがきっかけでこれまでに受けていたバナーとLPデザインのリピートは無くなり、
年間の売り上げの大部分と、3ヶ月後プラチナランクから降格となってしまいました。
Aさんのチャレンジしたい、期待に応えたい、力になりたい気持ちからの行動力は素晴らしいのですが、明らかに準備不足です。

結果失った売り上げは大きいですが、取り返していくしかありません。
それからAさんは私のグラフィックデザイン塾に入塾し、グラフィックデザインの基礎力「作り方・売り方・伝え方」をしっかり学習して
WEBデザインと組み合わせた付加価値を利用した結果、プラチナランクに返り咲き現在約35万円を月収でキープしています。

何度も言いますが、これは本当にあったお話しです。
WEBデザイナーは明日は我が身と受け止めてください。

そして、あなたはこれと同じ状況になったらどうしますか?
できないから断りますか?
断るとその仕事は2度と入ってはきません。

もしあなたに「グラフィックデザインのスキル」があれば
クライアントの期待に応え、売り上げは2倍、3倍になったかもしれません。

ここで言うグラフィックデザインのスキルには
「印刷する紙や印刷の加工の提案ができる」ことも含まれます。

もし現在独学のスキルが通用しているのは、素人に通用しているレベルの世界なので自惚れないように。
そのスキルを使う相手を間違えると、今までの案件もぶっ飛びます。

今私のお仕事では
「今日中にチラシデザインを作ってほしい」
「明日までにロゴデザインを提案してほしい」
「名刺のデザインを今すぐ作り直してほしい」

と言う”超特急”の仕事が増えてきています。

この超特急の理由が、
「WEBデザイナーに任せたら、こんな結果に…」
「そもそもIllusutratorで制作していないので、アウトライン済みのaiファイルで納品できないと言われた…」
「印刷会社に入稿したらデータに不備が多すぎで相談したら…デザイナーに解決できないと言われた…」
「canvaにそんな機能は無いのでこれが限界ですと言われた…」

これは氷山の一角にしかすぎません。クライアントに聞かれなかったから…は言い訳にしかなりません。
こんな中途半端なデザイナーの仕事の”ケツを拭いて”ます。
一人前になるためには失敗やミスと言う経験値を積み重ねてなれるものなのですが、
クライアントの気持ちを考えるとやはり、悲しくなりますね。

最後に、
WEBデザイナーが片手間の中途半端なスキルで、
WEBデザインとグラフィックデザインの違いも理解できていない状態で
仕事をすることのリスクをここで知っておいて欲しかったのです。

クライアントはWEBデザイナーが世の中の全てのデザインを作っているような感覚でいます。
「その期待にに応えること=できる範囲の中途半端なスキルで応える」では無いのです。
結果迷惑を掛けてしまっていることを私はリアルに相談を受けています。

今よりもさらに、案件を取りたい、取りこぼしたくない、売り上げを上げたい、安定収入を得たい、
強みを持ちたい、付加価値を付けたい、社会に貢献したい”ぬるま湯デザイン塾生”の方は次回のグラフィックデザインセミナーか、
または担当講師にグラフィックデザインのセミナーを聞いてみたいと言っていただければご案内いたしますので遠慮なく相談してください。

チャンスを掴める人は
チャンスを掴む準備と覚悟ができている人だけです。

“Have a Nice Day

ーーーーーーーーーー

【1分でわかるグラフィックデザイン】はこちらから!
↓↓↓↓↓
https://youtu.be/i1UomuJLem0

【私の人生ストーリー】はこちらから!
↓↓↓↓↓
https://youtu.be/bYNrT2CDY88

ーーーーーーーーーー

関連記事

  1. 成功するためには〇〇が必要

  2. 【あなたはやってる?】目標をなかなか達成できなくて悩んでいる方へ…

  3. 「面倒くさい」にさよならする方法3選!

  4. 【号外】北海道勉強会の開催決定!

  5. 【注意】coconala停止の悲劇

  6. ちゃんと「スパイ」してますか?

おすすめ記事

  1. 少年院での試食ウィンナー作戦
  2. ​​もうフォロー済みですか? 見るだけでもWEBデザインについて学べる! 【ぬるま湯デザイン塾公式インスタグラムについて】
  3. 【関西の塾生・卒業生の皆様へ】6月17日(土)大阪リアル勉強会参加者募集!chatGPT講座も追加!!
  4. 【デザインとは?デザイナーとは?】
  5. 読んでもらいたいブログ3選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【コメントの際の注意点】
コメント欄は、メルマガに関することであったり、同志との交流の場としてお使い下さい。ただし、明らかな荒らし目的のコメント、過度な誹謗中傷、長文すぎるコメント、URL、リンク付きのコメントは削除対象となります。


1986年生まれ。茨城出身。7歳の時に父親の会社が倒産し、借金地獄のホームレスとなる。
その後、祖父母に引き取られ12歳の時にWindowsパソコンをイチから組み立て、WEBサイト制作を独学で始める。
16歳から印刷業界を経験し、その後WEB業界に転身。WEBマーケティングを実践で学び、反応率にフォーカスした売上重視のデザインを得意とする。
2020年にデザイン塾を創業し、世界23ヵ国、延べ64,000人にデザインセミナーや講座を開催。
2022年には熊本県熊本市と立地協定を締結し、地方創成プロジェクト開始。
2023年からは法務省の委託事業として、全国少年院の職業訓練として民間初となるWEB制作講座を開始し、子供たちの社会復帰支援にも尽力している。

ぬるま湯のご質問はお気軽にLINEから


友だち追加

ピックアップ記事

  1. From:ドラゴン★尾上東京のオフィスより、、、こんばんは。ども、尾上です。…
  2. 日々の学習お疲れ様です^^エキスパート講師の森田です。皆さまにお知らせがあります!!…
  3. 大阪リアル勉強会
    皆さん、こんにちは!エキスパート講師の小西です。梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、むし…
  4. みなさんこんばんは。クリエイティブディレクターのJUNPEIです。今日は「デザインとは?…
  5. From:ドラゴン★尾上神田のオフィスより、、、こんにちは。ども、尾上です。^^…
  6. From:ドラゴン★尾上神田のオフィスより、、、こんにちは。ども、尾上です。^^…
  7. From:ドラゴン★尾上秋葉原の自宅より、、、こんにちは。ども、尾上です。^^…

イベント

  1. 【号外】ぬるま湯デザイン合宿 in 熱海開催
ページ上部へ戻る