menu
閉じる
  1. 徹底的にモデリングする「TTM」
  2. 読んでもらいたいブログ3選
  3. 初めてのデザインの仕事
  4. デザイナーは商売道具にコダワレ!
  5. 【GGRKS】参考デザインはこう探せ
  6. 【秘密】企業への裏口就職の仕方
  7. デザイナーの「5ステージ」
  8. ポートフォリオ作成の極意
  9. WEBデザインスクール5部門No.1を獲得
閉じる
閉じる
  1. 【号外】ぬるま湯熱海合宿!2日間の様子をお届けします♪
  2. フリーランスの仕事獲得サイトを紹介!
  3. 【号外】北海道勉強会の開催決定!
  4. 【解説動画】Photoshop「顔面補正編」
  5. 【毎週日曜19時】ぬるま湯レディオ始動!!
  6. 【フリーランスの準備と心構え】
  7. 【ココナラ最強説】破格で何でも学べる方法!
  8. オススメ編集ソフト!
  9. 【初お披露目】明日、新店舗に遊びにきませんか?
  10. 【2022 ゴールデンウィーク in 横浜】
閉じる

ぬるま湯デザイン通信

オススメ編集ソフト!

こんにちは!

動画クリエイターの永瀬です。

本日はオススメの動画編集ソフトをお伝えします。

●動画編集に興味がある

●未経験だけど編集してみたい

●動画編集で副業や起業したい

 

という方は、今後の参考にしてみてください!


編集ソフト一覧

めちゃくちゃ多いので、とりあえず、よく使われる編集ソフトをざっと並べると

・i movie (Macのみ)

・AviUtl

・Power Director

・Adobe Premiere Pro

・Filmora

・EDIUS

・Final Cut Pro (Macのみ)

・DaVinci Resolve

・AVID

あたりかと思います。

 

それ以外にもたくさんありますが、私自身は、上記以外を使っている人をあまり聞いたことがありませんので、上記がだいたい主流になってくると思います。


有料 or 無料

【無料、もしくは一部無料】

・i movie (Macのみ)

・AviUtl

・Filmora(無料版は一部制限あり)

・DaVinci Resolve (無料版は一部制限あり)

 

【有料 (無料体験版はあると思います)】

・Power Director

・Adobe Premiere Pro

・EDIUS

・Final Cut Pro (Macのみ)

・AVID


どれがいいの?

私の経験上で話しますと、とりあえず無料で始めたい、ということであれば、

・i movie (Macのみ)

・Filmora (無料は制限ありなので、仕事などで使うなら有料になると思います)

あたりがいいと思います。

 

仕事で使うなら

・Adobe Premiere Pro

・Final Cut Pro (Macのみ)

・DaVinci Resolve

・Filmora

・DaVinci Resolve

 

このあたりかと思います


一つに絞って!

そう言われたら、Adobe Premiere Proの一択です。

 

最も多くの人が使っていて、情報も多く、わからないことが調べやすいし、何より世界でプロの現場では最も使われていると思うので、仕事をもらったり、依頼したりがしやすいです。

AdobeはPhotoshop、After Effects、Illustratorなどあるので、他のソフトとの互換性もいいからです。

 

デメリットを言うと、最初は操作がわかりにくいと思います。

また、月額のサブスクしかないので、買い切りができません。


無料ならどれがいいの?

Filmoraがいいと思います。

Filmoraは操作が簡単で、有料版も7,000円位?と15,000円位?の2つだったと思うので、安いです。

 

Filmoraでも仕事として使っていけます。

ただ、先程お伝えしたように、多くのプロのクリエイターはPremiereを使っているので、ガッツリやってくならPremiereのほうがいいと思います。


それ以外のソフトは?

例えば、DaVinciResolveは、色の補正に優れているので、プロの動画クリエイターでも、

 

色補正→DaVinciResolve

本編集→Premiere Pro

 

という工程でやっている人も多いです。

 

あとは、PowerDirectorは、日本では最も使われているらしいです。(ネット情報)

ただ、あんまり動画クリエイターの界隈で、使っている人を聞かないので、本当?という感じですが、

私の周りでは、確実にPremiereが一番使われています。

 

あとは、AVIDというソフトは、プロ向けで使っている人も少ないですが、

音楽制作ソフトで、Pro Toolsと言うソフトが、かなり主流のソフトなのですが、

その会社の映像制作ソフトなので、Pro Toolsとの連携はいいと思います。

音に強いというイメージですね。

 

Final Cut Proは、世界で一番多くユーザーが多いとネットにありましたが、

Final Cut ProはMacで有料なので、本当かな??って感じもしてます。

 

私の経験上だと、日本だと、動画制作のフリーランスが10人いたら

 

Premiere 8人

Final Cut Pro 1人

その他 1人

 

くらいな感じがあります。


以上、お伝えしてきましたが、

私も全ての動画編集ソフトを使ってきたわけではないので、今まで動画制作の仕事の中で、経験してきたものが元になっています。

なので、私の考えがだいぶ入っていますが、そこまで大きく間違った内容ではないと思います。

 

まとめると、

とりあえず無料でやってみたい、ということであればFilmora、

実際に仕事をとってやってきたいなら、Premiere Proがおすすめです。

 

参考にしてみてください。

関連記事

  1. 【動画】4分でわかる動画編集ソフトfilmoraの使い方

  2. 【重要ポイント】ココナラのプロフィールにも使える紹介文の書き方

  3. 【夏休みの宿題】あなたにやって欲しい特別課題

  4. 【フリーランスで稼ぐ(番外編)】

  5. 【2022 ゴールデンウィーク in 横浜】

  6. 【湯TUBE】真夏の恐怖

おすすめ記事

  1. 読んでもらいたいブログ3選
  2. 【GGRKS】参考デザインはこう探せ
  3. デザイナーの「5ステージ」
  4. 【秘密】企業への裏口就職の仕方
  5. ポートフォリオ作成の極意

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【コメントの際の注意点】
コメント欄は、メルマガに関することであったり、同志との交流の場としてお使い下さい。ただし、明らかな荒らし目的のコメント、過度な誹謗中傷、長文すぎるコメント、URL、リンク付きのコメントは削除対象となります。


1986年生まれ。茨城県出身。16歳から出版業界を経験し、2009年WEB業界に転身。
WEBマーケティングを学びながら、未経験ながら3ヶ月の独学でWEBデザインをマスター。当時、自身で全て制作を担当したプロモーションにて3日間で売上1億を達成。たった一人で手がけたWEBサイトは延べ4,000サイト以上。あらゆる業種のデザインを手がけ、ただ綺麗に作るだけのデザインではなく、マーケティングをビジュアル化することを得意とし、反応率にフォーカスした売上を作れるデザインとスピードは業界随一。

現在は、現場実践主義のWEBデザイナーを育成する「ぬるま湯塾」を主催している。座右の銘は、「仕事は本気。遊びは死ぬ気。」

ぬるま湯のご質問はお気軽にLINEから


友だち追加

ピックアップ記事

  1. From:ドラゴン★尾上神田のオフィスより、、、こんにちは。ども、尾上です。^^…
  2. From:ドラゴン★尾上神田のオフィスより、、、こんにちは。ども、尾上です。^^…
  3. From:ドラゴン★尾上秋葉原の自宅より、、、こんにちは。ども、尾上です。^^…
  4. From:ドラゴン★尾上秋葉原の自宅より、、、こんにちは。ども、尾上です。^^…
  5. From:ドラゴン★尾上神田のオフィスより、、、こんにちは。ども、尾上です。^^…
  6. From:ドラゴン★尾上神田のオフィスより、、、こんにちは。ども、尾上です。^^…
  7. From:ドラゴン★尾上神田のオフィスより、、、こんにちは。ども、尾上です。^^…

イベント

  1. 【号外】ぬるま湯デザイン合宿 in 熱海開催
ページ上部へ戻る